ガーデナー・サポーター

GARDENERS

あさひかわ北彩都ガーデンは、維持管理に市民が関わり、市民が育てるガーデンを目指しています。

ガーデンを訪れる不特定かつ多数のお客様に、心地よい場を提供できるよう、庭のコンディションをこまめにチェックし、ガーデンが1年中美しく健康であるようにその変化を管理スタッフやガーデンサポーターとしっかりとコミュニケーションを取ってチーム全体で把握し、チーム一体となって効率よい庭づくりを進めています。

ガーデナーの主な業務としては、ガーデンの植物手入れに関わり、作業工程の調整や進捗の管理を行うとともに、植物を活用した体験イベントやガーデンサポーター活動支援、見学ツアーなどの企画運営も行っています。

また、お客様への接客やガイド、報道取材対応やSNSの更新などの広報活動、植物データ管理等の事務も担っており、これからのガーデンを進化させるために不可欠な存在です。

GARDEN STAFF

img02.png

ガーデナーの他に、事務所スタッフと屋外の手入れを日々行うフィールドキーパーがいます。平成29年度は11名のチームを組んでいます。

フィールドキーパーはガーデナーよりも手入れをしている時間が長いため、細部に目が行き届き、日々の変化やお客様の需要に敏感に気づくスタッフです。

これからも多くの方に喜んでもらえるよう、トップレベルの手入れを目指していきます。

SUPPORTER

img03.png

あさひかわ北彩都ガーデンには、「市民が守り育てるガーデン」として、約70名のガーデンサポーターとガイドボランティアが手入れを手伝っています。

サポーターは花盛りの5月中旬から11月上旬まで、毎週一回のペースで花壇の手入れを手伝います。

ガイドボランティアは約一年間ガーデナーの研修を受け、見学ツアーのアシスタントガイドとして活躍しています。

ガーデンサポーター活動の詳細、登録お申し込みは、ガーデンセンターへお問い合わせください。
(電話:0166-74-5966)

ページ最上部へ